RubyとRailsの学習ガイド 2021

RubyとRailsの学習ガイド 2021

  • Digital
    550 JPY

「RubyとRailsの学習ガイド2021」はRubyとRailsを学ぶ旅のガイドブックです。Webではどんな技術が使われているのか、いま学んでいることはWeb技術全体の中でどのような位置づけなのか、次に学ぶ候補としてどんな技術があるのか。学んでレベルアップしていく冒険の旅の地図を示して、旅をサポートするガイドブックです。 電子書籍(PDF)版です。物理書籍版を作成する予定は現在ありません。「RubyとRailsの学習ガイド 2019 技術書典6 拡大版」を全面的に書き直した改訂版です。技術書典11(2021年7月10日)などで頒布したものと同じ書籍です。 ■■ 詳細情報 Railsを学びはじめると、Webサービスにはたくさんの技術が使われていることに気づきます。いま学んでいるこの技術は全体の中でどんな位置づけなんだろう?そして次は何を学べばいいのだろう? この本はRubyそしてRailsを学ぶ旅のガイドブックです。技術を学び、戻ってくるたびにレベルアップする、Webサービスを作る技術者の冒険の旅をサポートする地図です。 本書の対象者は、これからRubyやRailsを使ってプログラミングを始めたい方々、また学び始めた方々です。特にRailsについて多くの紙面を割いて説明します。RubyそしてRailsを学ぶ上で、どんな技術を勉強すればいいか、それらの技術全体の関係を図示します。それらを学ぶためのWeb上の資料や書籍などを紹介していきます。頭の中にRubyそしてRails技術全体の地図を描き、イメージしてもらうのが狙いです。 ■■ 改訂情報 本書は「RubyとRailsの学習ガイド 2019 技術書典6 拡大版」の改訂版です。Rubyist Magazineに掲載され、はてなブックマーク数1000を獲得した「RubyとRailsの学習ガイド2019年版」からはじまり、書籍化して「RubyとRailsの学習ガイド 2019 技術書典6 拡大版」として2019年に出版しました。 今回は「RubyとRailsの学習ガイド2021」として、技術地図は構成を見直して再設計、さらに「ゼロからわかるRuby超入門」のイラストレーターである べこさん の手による描き下ろしになっています。技術要素も増量し、それらを学ぶための資料や書籍の情報を加筆しています。既存の内容も全面的に書き直したメジャーバージョンアップ版です。(2019年版で付録として掲載していた「RubyとSinatraで学ぶWebプログラミング」の章は削除されました。)

「RubyとRailsの学習ガイド2021」はRubyとRailsを学ぶ旅のガイドブックです。Webではどんな技術が使われているのか、いま学んでいることはWeb技術全体の中でどのような位置づけなのか、次に学ぶ候補としてどんな技術があるのか。学んでレベルアップしていく冒険の旅の地図を示して、旅をサポートするガイドブックです。 電子書籍(PDF)版です。物理書籍版を作成する予定は現在ありません。「RubyとRailsの学習ガイド 2019 技術書典6 拡大版」を全面的に書き直した改訂版です。技術書典11(2021年7月10日)などで頒布したものと同じ書籍です。 ■■ 詳細情報 Railsを学びはじめると、Webサービスにはたくさんの技術が使われていることに気づきます。いま学んでいるこの技術は全体の中でどんな位置づけなんだろう?そして次は何を学べばいいのだろう? この本はRubyそしてRailsを学ぶ旅のガイドブックです。技術を学び、戻ってくるたびにレベルアップする、Webサービスを作る技術者の冒険の旅をサポートする地図です。 本書の対象者は、これからRubyやRailsを使ってプログラミングを始めたい方々、また学び始めた方々です。特にRailsについて多くの紙面を割いて説明します。RubyそしてRailsを学ぶ上で、どんな技術を勉強すればいいか、それらの技術全体の関係を図示します。それらを学ぶためのWeb上の資料や書籍などを紹介していきます。頭の中にRubyそしてRails技術全体の地図を描き、イメージしてもらうのが狙いです。 ■■ 改訂情報 本書は「RubyとRailsの学習ガイド 2019 技術書典6 拡大版」の改訂版です。Rubyist Magazineに掲載され、はてなブックマーク数1000を獲得した「RubyとRailsの学習ガイド2019年版」からはじまり、書籍化して「RubyとRailsの学習ガイド 2019 技術書典6 拡大版」として2019年に出版しました。 今回は「RubyとRailsの学習ガイド2021」として、技術地図は構成を見直して再設計、さらに「ゼロからわかるRuby超入門」のイラストレーターである べこさん の手による描き下ろしになっています。技術要素も増量し、それらを学ぶための資料や書籍の情報を加筆しています。既存の内容も全面的に書き直したメジャーバージョンアップ版です。(2019年版で付録として掲載していた「RubyとSinatraで学ぶWebプログラミング」の章は削除されました。)